悪い不動産屋の例

その他お引越し関連情報

悪い不動産屋の例

 世の中親身になってくれるような良心的な不動産屋ばかりではなく、中には非常に悪い不動産屋も実際に存在します。

不動産屋をいくつか周った経験があれば、感覚がつかめてくるのですが、はじめての場合はいわれるがままですよね(^^;)

悪い不動産屋の例をご紹介したいと思います!

はやく決めさせようとする

「はやくしないとこの物件はすぐとられちゃいますよ。」といって、はやく契約させようとする不動産屋には要注意です。本当の場合もありますが、本来なら仮押さえして、落ち着いて考えてもらうのが筋ってもんです。

強引な感じがする

圧迫的というか、強引に話をすすめていくような不動産屋はやめておいた方がいいです。都合の悪いことを聞かれたくない裏返しです。

同じ物件ばかり進めてくる

いろいろ回っているのに、同じ物件ばかりすすめてくるのは何かワケありな証拠です。慎重に考える時間が必要です。

話につじつまがあわないところがある

これははっきりいってウソをついているからです。お客さんにウソをつくなんて、人間的に問題がある証拠です。

みなさんも悪い不動産屋には、くれぐれも引っかからないように注意してくださいね(^ー^)

 

ページの一番上へ>    次のページ→引越しスタッフへのご祝儀
サイトのTOPページへ