物件の目のつけどころ

引越しお役立ち情報

物件の目のつけどころ

 物件を見に行くときに、見るポイントをご紹介したいと思います(^^)

部屋の広さにだまされない

実際に物件を見に行くと、「うわ〜広いな。」と思うことがよくあると思います。なぜならなにも家具がないからですね(笑)

実際に家具を置いてみると、意外とせまくなったりしますので、どの程度家具を置くのか考えながら、検討する必要があります。

駅からの時間

物件情報には、徒歩5分!などと書かれている場合がありますが、実際に歩いてみると、10分くらいかかったなんてこともあります。気に入った物件については、実際に歩いて確かめることも大切です。

道路の騒音

道路に面したマンションだと、10階であってもけっこう騒音はします。実際に生活してみてストレスになってしまうと、非常に不快です。特に夜の騒音はどうなのか確認しておきましょう!

におい

においといっても、台所から立ち上る下水のにおいだけではありません。日当たりの悪い部屋だと、カビ臭い場合もあります。

また近くに用水路や下水処理場があると、においが風にのって運ばれてくる可能性もありますので要注意です。

家賃がやけに安い物件

「周辺の環境も良い。駅も近い。中も綺麗。なのになんでこんなに安いの?」と思うような物件に出会うこともあるかと思います。

世の中うまい話はないといいますが、好条件すぎるのに借り手がつかないということは、何か都合の悪いことがあるからです。

事故物件”という言葉を聞いたことはありますか?これは前の住人が、夜逃げ、自殺、殺人などでいなくなった場合事故物件とされます。

不動産会社には説明する義務がありますが、私はどうも信用できません(^^;)安すぎる物件には注意しましょう!

以上のようなことに目をつけて、物件を見回っていきましょう!(^−^)

 

ページの一番上へ>    次のページ→物件の周辺情報の集め方
サイトのTOPページへ