引越し費用が安くなる条件

引越しお役立ち情報

引越し費用が安くなる条件

 引っ越し費用を安くするコツですが、価格交渉の説明は引越し業者を決める(価格交渉)というところでご紹介しました。

ここではかけひき以外の面で安くなる条件をご紹介したいと思います(^^)

引越しの時間帯をフリー便にする

引越しの時間は指定できます。午前10時、午後15時頃などのように、ある程度具体的に指定もできます。

しかし具体的に時間指定してしまうと、引越し業者としてはその時間に合わせてトラックを手配しなくてはなりませんし、引越しスタッフは1日に2,3件は周りますから、最適なルートを組みなおさなければなりません。いってみれば、めんどくさいんです(^^;)

ですので時間指定をすると、料金は高くなります。

料金を安くするには、”フリー便”というものをつかいます。これは100%引越し業者の都合に合わせて時間を決めるということで、その日に空いているトラックが割り当てられます。

フリー便にすると、だいたい19〜20時程度の夜間の引っ越しになります。時間が決められていない分安くなります。

平日(月〜木)に引越しをする

土日祝は仏滅などでない限り、どうしても引越し数が多くなりますので、 高くなります。割増料金がかかる場合もあります(^^;)平日は安くなりますが金曜日は混みますので、 月〜木曜日がもっとも安くなります。

荷物はできる限り少なくする

単純に荷物が多いと、ダンボールの数も多くなりますから高くなります。大きなベッドや家具なども別料金になりますので、高くなる要素の1つです。

できればそれほど必要のないものや、大きすぎるものはネットオークションで売っちゃいましょう!古い家具でも「1円スタート直接引取り希望!」というように出品すれば、 とても安い値段でも必ず買い手は現れます。

お金を払って処分することを考えれば、引き取ってもらえるだけありがたいものです。

こういう風にできるだけお金をかけずに、荷物を減らしていきます。

荷造り・荷解きは自分でする

ほとんどの引越し業者は、荷造りと荷解きをやってくれますが、時間がかかるので料金が非常に高くなってしまいます。

引越し代金を節約したい場合は、梱包、荷造り〜荷解きまで、すべて自分でやりましょう!その方が何がどこにあるのか把握しやすいです。

 以上が引越し費用を安くなる条件です。 価格交渉のネタにもできますので、知識として知っておくと便利です(^−^)

 

ページの一番上へ>    次のページ→押さえておきたい物件の条件
サイトのTOPページへ