入居申し込みをする

引越し前にすること

入居申し込みをする

 物件を決めて、さまざまな費用の価格交渉が終わりましたら、次は入居申し込みをします。

入居申し込みとは、入居を正式に申し込むという意味で、不動産屋は入居を申し込まれましたという一種の証明書になります。

入居申込書には、氏名・住所・電話番号・年齢・勤務先・年収・連帯保証人の氏名などを記入します。

ただし、入居申込書は契約書ではありませんので、キャンセルをしても何の問題もありません。もしそれで違約金など請求されても、事前に伝えられていない場合は払わなくても大丈夫です。

入居申し込みをすると、不動産屋は物件を他の人にとられないように、物件を仮押さえしてくれます。

ですので、軽い気持ちで申し込んでいるのではないという証明として、一時金(申し込み金)というものを不動産屋に支払います。一時金がない不動産屋もあります。金額はだいたい5万〜家賃までです。

入居申し込みの後、入居審査というものがありますが、通ればそのまま仲介手数料に充填するのが一般的です。

もし通らなければ全額返金されます。申込金の受け渡しのときに預かり証が発行されますが、 金額返還されるか、不動産屋の印鑑等がきちんと明記されているか確認しておきましょう!

入居申し込みが終われば、次はいよいよ入居審査です(^^)

 

ページの一番上へ>    次のページ→入居審査を受ける
サイトのTOPページへ