物件を決める(価格交渉)

引越し前にすること

物件を決める(価格交渉)

 気に入った物件があり、この物件に決めよう!となったら、おきまりなのが”価格交渉”です。

お金持ちの人はいいでしょうが、 私のような庶民には価格交渉なしでの引越しなんて考えられません(笑)同じことするんだったら、少しでも安い方がいいですからね(^^)

物件を決める場合の初期費用ですが、以下のようなものが一般的です。

仲介手数料

不動産屋に物件を仲介してくれたお礼として払うお金です。家賃の1ヶ月分というのが相場になっておりますが、消費税分くらいはまけてもらえやすいです。

敷金

大家さんにいったん預けておくお金で、家賃の2,3ヶ月分が相場です。退去する際の修繕費などにあてられます。

通常修繕がなければ大家は返還しなければならないお金ですが、中には"敷金は半額は返還しません"といったことや、関西地方では”敷引き”といって、必ず10万円は引かせていただきます。といったような契約もありますので、注意が必要です。

敷金は大家の取り分なので、不動産屋に決定権はありません。あまりに高いと値下げ交渉するべきですが、預け金という性質上、妥当であればOKでしょう。

礼金

大家さんにお礼の意味をこめて収めるお金です。相場はだいたい家賃の2ヶ月分までです。礼金は大家の取り分なので、不動産屋に決定権はありません。 しかし、売れ残った物件だと意外と値下げしてくれたりします。

前家賃

家賃は基本的には前払いなので、月の途中からの入居であれば、日割り家賃を納める必要があります。

家賃ですので、家賃自体値下げしないと前家賃の交渉は難しいと思います。

火災保険料

年間1、2万円かかりますが、必ず加入しなければなりません。マンションであれば管理会社指定の火災保険がある場合が多いです。分譲であれば好きな保険を選べます。

これは民間の保険会社に払うお金ですので、値下げはできません。

 

 最後に家賃は値下げできるのか?というところですが、家賃は毎月の大家の収入になりますので、よっぽどの事情がない限り値下げは難しいと思います。

月10000円の値下げでも、1年で120000円の損ですからね。ただし、家賃にくっついてくる修繕費や共益費は少し負けてもらえる場合もありますが、あまりしつこく家賃の値下げ交渉をすると、不振に思われますのでホドホドに(^^;)

私は毎回仲介手数料や敷金なんかで、だいたい2万以上はまけてもらうようにしていますが、中には家賃が下がった例もあります。世の中言ってみるもんです(^^)

ただあんまりしつこいと嫌われちゃうんで、バランスは大事ですが...。また入居にかかる初期費用としては、家賃の6ヶ月分見ておくと安心です(^^)

 

ページの一番上へ>    次のページ→入居申し込みをする
サイトのTOPページへ